フレア点火器の応用と技術プロセス

フレア点火器は常に泥ガス分離器と一緒に使用されます。これは精製所の処理、天然ガスの収集と輸送ステーションの排気、および天然ガスの排出のための装置です。フレアイグナイターを使用することで、有毒で可燃性のあるベントガスを着火・燃焼させることができ、環境や安全への害をなくすことができるため、フレアイグナイターは安全で環境に配慮した装置です。

フレア点火器の幅広いアプリケーション:

石油精製およびガス伝送ステーションでの使用に加えて、フレア点火器は泥ガス分離器とも適合しており、現在石油掘削工学で広く使用されています。フレア点火器は、国内の新疆と四川、江漢油田、海外のイラン、エジプト、ベネズエラなど、多くの場所で使用されている成熟した製品です。

フレア点火器の応用と技術プロセス

フレア点火器の構成:

フレア点火器は、トーチ本体、点火制御ボックス、高圧発電機、ケーブル、ホース、液化石油ガス(ユーザーがマッチングした液化ガス)、逆火装置などの7部品以上で主に構成されています。

フレア点火器の技術的プロセス:

1可燃性ガスをパイプラインで安全地帯に設置されたバーナー(トーチ)の入口に輸送します。

2フレア点火器を接続して起動します。

3液化ガスタンクを開き、フレア点火器を作動させ、引火管に点火します(一次点火)。

4燃焼している引火管が排気ガスに点火します(第2段階の点火)。

5液化ガスタンクを閉じて、消火用チューブを消し、通気性の可燃性ガスが自由に燃焼するようにします。