冬に固体制御機器を停止するときの注意事項

冬の掘削と建設中、冬の固体制御装置の毎日のメンテナンスのメンテナンスを強化する必要があります、固体制御装置の正常な使用を確実にするために固体制御装置管理チームを設立します。

冬に固体制御機器を停止するときは、注意が必要です。

1.固体制御装置の使用後、蒸気または熱湯、液体を使用して画面を清掃します。

2.泥浄化タンクの水道管の上部、泥管内の蒸気管、蒸気を接続するために、温度が低く、それぞれが1-2バルブのガスヘッドを挿入して、タンクの泥の凍結を防ぐことができます。

3.デシルター、デサンダー、ステンレス鋼製リフティングポンプおよび掘削液遠心分離機は、1時間以上停止した場合、泥を排出して水で洗浄する必要があります。

4.デサンダー、デシルター、遠心分離機を停止する前に、滴下口を浚渫し、泥をすべて解放し、遠心分離機、サンドポンプ、泥攪拌機を開始する前に、2〜3回転動かし、そこから開始できます。異常な状態ではありません。

5.移動する前に、まず冷凍タンクで砂を浄化し、精製タンクの船底で蒸気、土台、永久凍土の融解を適時に行い、持ち上げるのに便利です。

冬に固体制御機器を停止するときの注意事項