デカンター遠心分離機の基本コンポーネント

デカンターの基本的なコンポーネントの多くは、デカンターの構造を説明する際に導入されました。これらについては、さらに詳しく説明する必要があります。 4つの主要なコンポーネントアセンブリは、回転アセンブリ、フレームとケーシングを組み合わせたもの、ドライブとバックドライブアセンブリです。

デカンター遠心分離機の基本コンポーネント

回転アセンブリには、ボウル、ビーチ、コンベア、ギアボックスが含まれます。これは、すべての作業が行われるデカンターの最も重要な(そして高価な)部分であり、プロセスと機械の両方の最も洗練されたテクノロジーが含まれています。重量が数トンにもなり、数千gの力場が発生するこのような重いコンポーネントの場合、高レベルの精密工学が必要であり、その後に精密なバランス調整が必要です。

回転アセンブリとギアボックスで使用されるベアリングとシールは、デカンターの重要な部分です。ベアリングは一般に、適切に作動するように注油する必要があります。これを行うために、シールは潤滑されたベアリングをプロセス環境から分離し、ベアリングを保護し、潤滑剤による製品または環境の汚染を回避します。遠心機ケーシング内にプロセス液体と蒸気を封じ込めるためにシールも必要です。プロセスが正圧または真空を必要とする場合、および蒸気が可燃性または有毒である場合、シールは特に重要です。