加重掘削液用の遠心分離機

遠心分離機の設置場所は、ベースフローの排出とオーバーフローのリサイクルに便利です。現在のレベルの掘削液固体制御システムについては、デシルターと泥クリーナー処理液の貯蔵タンクを遠心分離機の吸引タンクとして機能させることができ、オーバーフローをリサイクルする貯蔵タンクは攪拌機を持っている必要があります。

加重掘削液用の遠心分離機

遠心分離機を使用して重りを付けた掘削液の重晶石をリサイクルする場合、ベースフローには液体がほとんど含まれておらず、流動しにくいため、分離されたベースフローを掘削液リサイクルシステムに再注入する必要があります。かくして、攪拌機の効果は非常に重要です。言い換えれば、重晶石ベースの流れをリサイクルする泥タンクには攪拌装置が必要です。分離されたベースフローがシュート通過後に廃棄される場合、シュートの傾斜角度は少なくとも42°であり、廃棄物の流れに便利です。

加重掘削液の遠心分離機の主な目的は、粘度を制御することです。粘度が高い状況では、掘削速度が遅くなるためです。粘度を制御する方法は、超微粒子とコロイドを分離して廃液池にし、多量の重晶石を含むアンダーフローを掘削流体サイクルタンクに戻します。

従来の加重掘削液の場合、遠心分離機を使用する経済的な合理性は、重晶石をリサイクルしてコストを削減することです。ただし、これは最も重要な利点ではありません。遠心分離機を使用しない場合、微粒子の密度が高くなり、掘削泥質が悪くなります。これにより、ボーライトの処理コストが増加します。これは、重晶石をリサイクルすることによるコスト削減と比較して、より大きな経済的要因です。