低圧乾燥流体マッドガンの構成

低圧マッドガンは、通常の作業で約23メートルの圧力ヘッドを必要とし、ノズルサイズは12.7ミリメートルから25.4ミリメートルの範囲です。 Cemtrifugalポンプは、標準的な壁のパイプラインを介してノズルに加圧されます。低圧システムは、特別な厚い壁のパイプ接続を必要としません。しかし、可変流速と大きな直径のパイプを使用して、過度の摩擦損失を防ぐことができます。低圧マッドガンのノズルは、高圧マッドガンよりも大きくなります。大量の液体がノズルから掘削泥タンクに入ると、掘削液が攪拌されます。液体はノズルを通過した後、一定の速度を持っています。これにより、高流量および低圧システムとして知られているせん断力を提供します。

どのようなシステムであっても、経済的であれ機能的であれ、ノズルの供給パイプラインが過度に曲がったり長すぎたりすることを避けなければなりません。この点は、特に低圧システムの機器の効果的な操作にとって非常に重要です。

低圧乾燥流体マッドガンの構成

ベルヌーイの原理から、ノズルのサイズと供給圧力によって、流体がノズルを流れる速度が決まることがわかります。同時に、ノズルを通る流体の流れが多いほど、流量が大きくなり、発生するせん断力が大きくなります。圧縮システムで使用されるいくつかのマルチノズル構造の掘削マッドガンは、従来のノズルの4倍の液体流量を得ることができ、掘削流体の混合と拡散を完了するのに非常に優れています。

ノズルは、ノズルが解放した領域の周囲に低圧領域を生成し、低圧領域はノズルの周囲にすばやく吸引され、液体に包まれます。これは、混合ホッパーの効果に似ています。 2つの流体は、漏斗部分で混合され、ノズルよりわずかに高い速度で貯蔵タンクに流れ込む。エジェクターから出てくる高速流体は、どちらも貯蔵タンクまたは他の場所(混合スラリータンクなど)から来る可能性があります。