真空デガッサと泥ガス分離器の違い

名前から判断すると、真空デガッサーとマッドガスセパレーターは実際には2つのデバイスですが、同じ効果が得られるはずだったため、この記事ではそれらの異なる動作原理について説明します。

真空デガッサと泥ガス分離器の違い

真空デガッサの動作原理

真空デガッサは、真空ポンプの吸引動作を利用し、大気圧の作用下で真空タンク内に負圧ゾーンを発生させ、吸引パイプを通してローターの中空シャフトに泥を掘削し、中空シャフト周囲の窓を通してタンク壁にジルトを突き刺します噴出。衝突と分離ホイールの効果により、掘削泥を薄層に分離し、侵入した気泡が壊れ、ガスが逃げます。真空ポンプ吸引とガス水分離器分離により、ガスは安全地帯に逃げ、掘削泥水はインペラーにより外部のタンクに排出されます。メインモーターの最初の始動と、モーターに接続されたインペラーの回転数が高いため、掘削泥は吸込管からタンクにのみ送られ、排水管からは吸い込まれません。

真空デガッサと泥ガス分離器の違い

泥ガス分離器の動作原理

ガスが侵入した掘削流体は接線方向に液体入口を通ってセパレーターに入り、特別に設計された一連の内部バッフルで壁に沿って落下し、衝突し、露出表面積を増やし、下向きに流れ、乱流を引き起こし、ガスと掘削流体を分離する。ガスタンクトップのガス出口よりフリーガスを排出し、配管長さを実情に応じて決定・処分し、安全エリアへと導きます。脱ガスされた流体掘削は、循環タンクに排出されます。