掘削液遠心分離機の動作原理

沈殿装置でもある泥遠心分離機は、重晶石を節約しながら、小さな穴の開いた粒子を取り除くように設計されています。約1600〜1800 rpmで回転する円錐形のボウル内のコンベヤースクリューで構成されています。コンベヤースクリューはボウルと同じ方向に回転しますが、20〜40 rpm遅くなります。

希釈水が入った泥は、 遠心 コンベヤスクリューの中空シャフトを通して。泥は、回転の遠心力によってボウルの壁に投げられ、そこでプールを形成します。ボウルの大きな端にある円形のポート列により、プールの上面にある泥の液体部分を遠心分離機から流すことができます。泥がこれらのオーバーフローポートに向かって移動すると、固形物は壁に向かって沈殿し、そこでボウルの小さな端にあるアンダーフローポートに向かってコンベヤースクリューによってこすられます。

このようにして、泥は2つのストリームに分かれます。重量が約9.5 lb./galの軽いオーバーフローと、重量が約23 lb./galの重い濃縮アンダーフロースラリーです。

ボウルの速度が上がると、粒子に作用する遠心力が上がり、沈降速度が上がります。 3-4ミクロンの範囲で重晶石粒子を効果的に沈殿させるには、ボウルの速度を1600〜1800 rpmに維持する必要があります。速度が遅いほど、小さな重晶石粒子の多くがオーバーフローに逃げて廃棄されます。