横型スクリュー排出沈殿沈降遠心機

横型スクリュー遠心脱水機は、高速で安定した効率的な全自動制御装置であり、主に廃水処理、製紙廃水、食品、鉱物処理、製薬およびその他の産業における固液分離に使用されます。材料と接触するすべての部品は、材料と接触部品の表面の腐食を効果的に低減できる高度なステンレス鋼材料で作られています。分離される材料は遠心ドラム内に入り、強力な遠心力場の下で、材料は加速コーンによって加速された後、スクリューコンベヤとストレートセクションドラムの間の材料分離ゾーンに入り、固体材料の大部分がドラムの壁の方向、そして次にドラムの壁の堆積物ゾーンに蓄積し、スクリューコンベアによって遠心分離機から押し出されます。沈殿タンクの表面にある重い材料によって液体材料のより小さな割合が圧搾され、コーンドラムの軸力の作用下で軽い相の出口に向かって移動します。分離された軽質物質は、ドラム遠心力により排出され、自由に収束した後、遠心分離機から流出します。機械は水平送りを使用し、材料の輸入圧力は約0.2Mpaで必要です。

横型スクリュー排出沈殿沈降遠心機

遠心分離機は可変周波数スロースタートを採用しており、ドラムを駆動し、特定の時間(約2〜5分)で定格速度を達成し、動作は安定しており、信頼性があります。シール部品は、ドラム機械部品の上部と下部の機械カバー間の密閉処理に使用され、安全で衛生的で清潔です。ドラム回転速度(遠心分離係数)とプッシャースパイラル差動回転速度は、周波数コンバーターの出力周波数を調整することで簡単かつ正確に制御でき、機器の動作パラメーターは、材料特性の変化に応じて便利に調整できます。さらに高度な自動プログラミングにより、労働者の操作労働強度を大幅に削減できます。