デカンター遠心分離機の仕組み

デカンター遠心分離機は、1つの連続プロセスで1つまたは2つの液相から固体を分離します。これは、重力の3000倍をはるかに超える遠心力を使用して行われます。

デカンター遠心分離機の仕組み

このような力を受けると、密度の高い固体粒子は回転するボウルの壁に向かって外側に押し付けられ、密度の低い液相は同心の内層を形成します。必要に応じて、さまざまなダムプレートを使用して、液体の深さ(いわゆる池)を変化させます。

固体粒子によって形成された沈殿物は、ボウルとは異なる速度で回転するスクリューコンベアによって連続的に取り除かれます。その結果、固形物は池から徐々に「すき」になり、円錐形の「ビーチ」まで上がります。

遠心力は固体を圧縮し、余剰の液体を排出します。乾燥した固形物はボウルから排出されます。浄化された液相は、ボウルの反対側の端にあるダムプレートからオーバーフローします。遠心機ケーシング内のバッフルは、分離された相を正しい流路に導き、交差汚染のリスクを防ぎます。スクリューコンベヤの速度は、固体負荷の変動に調整するために、可変周波数ドライブ(VFD)を使用して自動的に調整できます。