振動モーターの力が小さすぎる場合の調整方法

振動モーターの加振力が小さすぎると、掘削流体の振動スクリーンを頻繁に使用するという問題があります
遭遇した後、問題を解決する方法は?実際、工場出荷時の振動モーターの加振力は80%に調整され、出荷(輸出)時には0%に調整されていました。水平振動モーターの場合、使用時に以下の手順で調整できます。

1.保護カバーの固定ネジを緩め、両端のシールドを取り外します。

2.励振振動力がMV50-2、MV50-4、MV50-6、MV30-8未満(4つの仕様を含まない)の振動モーター、外側の偏心ブロックは調整可能、表面に最大加振力パーセンテージで示されているロッド、内側の偏心ブロックは固定されており、それらはすべて締め付けボルトを使用してモーターシャフトに押し付けられています。

回転軸の両端面にはデータム線が刻まれています。両側の偏心ブロックの固定ボルトを外します。偏心ブロックの外側が同じ方向に回転して、シャフトの溝が外側の偏心ブロックの励起フィオースゲージのレチクルを狙うようにし、必要な励起力に調整します。外部偏心ブロックの固定ボルトを締め、保護カバーを取り付けます。

振動モーターの力が小さすぎる場合の調整方法

3.加振力が(これらの4種類の仕様を含む)のMV50-2、MV50-4、MV50-6、MV30-8以上の振動モーターで、外側の偏心ブロックが固定され、回転に固定キー付きシャフト、回転できません。内側の偏心ブロックは調整可能であり、表面には締め付けボルトを使用してモーターシャフトに押し付けられる最大加振力の定規が備えられています。両側の偏心ブロックの固定ボルトを緩め、両側の偏心ブロックが同じ方向に回転します。これにより、内側の偏心ブロックの励磁力定規の刻印線が、外側の偏心ブロックのスロットに位置合わせされ、必要な励磁に調整されます。力、内側偏心ブロックの固定ボルトを締め、保護カバーを取り付けます。

注:特別な用途を除いて、振動モーターシャフトの両側の偏心ブロックの位置は相対的である必要があり、両端の偏心ブロックのパーセントセットは同じである必要があります。モーター振動機械を損傷する。