水中スラリーポンプの点検とメンテナンス

ポンプは一種の機械であり、設置、操作、保守の前、および設置の操作と保守の際に、安全対策の規定に準拠する必要があります。

補助装置(モーター、ベルト伝達装置、カップリング、ギアボックス高速、無段変速装置など)は安全対策に準拠している必要があり、設計、設置、操作、およびメンテナンスの前に関連するものを参照する必要がありますルール。

水中スラリーポンプの点検とメンテナンス

ベルトやカップリングを取り付ける前に、回転方向を確認する必要があります。ポンプの反対側を回転させると、ポンプや個々の部品が損傷するためです。

特別な許可がなければ、ポンプは最初の販売で指定された動作条件を超えることはありません。それを超えると、機器または人身事故を引き起こします。

ポンプは、フローポイントが低いかゼロの状態では動作できません。または、他の状態では、ポンピングした媒体が蒸発する可能性があります。そうしないと、圧力サージにより機器または人体の事故を引き起こします。

メンテナンス中または排気中は、内部の真空ポンプを隔離する必要があります。隔離されていないと、インペラが「フライホイール」になり、機器や人身事故につながる可能性があります。