遠心ポンプ入口パイプラインと出口パイプラインの設置

遠心ポンプインレットパイプラインの設置:

A.吸引パイプラインの断面積は、ポンプのフローチャネル以上でなければなりません。

B.吸引パイプシステムにスロットルバルブを取り付けることはできませんが、流れる液体のカオスを減らすために開口バルブを使用でき、サービスのためにポンプを分解するときにのみ閉じられます。

C.吸引パイプシステムで気泡が発生しないようにするため。吸引リソースとポンプの間で、高から低に徐々に移行する必要があります。ポンプがサクションヘッドの状態で作動する場合、プライミングには真空ポンプまたはフットバルブを使用してください。

D.ポンプの入口にあるパイプラインは、水平でまっすぐでなければなりません。その長さは、少なくとも吸引パイプの直径の2倍です。

E.一時的にフレキシブルを吸引パイプラインとして使用する場合は、圧縮に対してそれを保証してください。吸込圧力が大気圧より低く、フレキシブルパイプが大気圧で圧縮されるため、流れを遮断しても能力が低下します。

遠心ポンプ出口パイプラインの設置:

A.ポンプのサービスを便利にするために、リリーフバルブをデリバリパイプシステムで使用する必要があります。

B.サクションパイプを含むすべてのパイプシステムには支柱があり、ポンプに重量がかからないようにする必要があります。

C.労働条件が明確または安定していない場合。ポンプが設計点で機能することを保証するために、デリバリーパイプシステムではスロットルバルブを使用する必要があります。

D.ポンプの出口が加圧装置に接続されている場合は、スロットルバルブとポンプの出口の間にバックバルブを使用してください。これにより、液体の逆流を防ぐことができます。さもないと、逆流する液体が水をたたく現象や損傷を引き起こします。