掘削液用ジェットマッドミキサー

ジェットマッドミキサーは、掘削液を構成したり、掘削液の総量を増やしたり、流体密度、粘度、脱水を変更するために使用されます。再度補給するときは、掘削液の材料(ベトニーや重晶石粉末など)と対応する化学添加剤(ポリマーなど)を、ジェットユニットを通してリサイクルタンクに入れます。直接入れると、掘削液の材料や化学添加剤が多く付着したり、一緒に投棄されたりして、拡散した均衡のとれた掘削液が得られません。

掘削液用ジェットマッドミキサー

特にブローアウトが発生した場合は、すぐに調合物を均一に仕上げる必要があるため、機器を使用する必要があります。

泥ミキサーは、石油掘削固形物制御システムと一致する一種の機器であり、それを使用して、重み付けと準備の掘削液を満たします。

すべての機器と同様に、ジェットマッドミキサーおよび関連機器は、理想的な作業性能を実現するために、正しく選択、調整、および設置する必要があります。

ホッパー容量を混合する一般的な要件は、150m 3 / h以上でなければなりません。より大きなタンクと大きなポンプモーター出力には、300m3 / h容量の混合ホッパーを使用することもできます。

パイプラインの進行中の抵抗を減らすようにしてください。したがって、パイプラインは短く太く滑らかな曲げが必要でした。対応するベンチャーチューブを備えたジェットホッパーは、処理能力を向上させ、固体拡散を加速し、固結を回避できます。