DC Machineryの低温固体制御システム

極域の温度は摂氏-45度未満であり、通常の材料と構造は低温要件を満たすことができません。次に、構造、保温、暖房供給システムについて説明します。

全体の固体制御システムの周りの材料は、保温庫として使用するために亜鉛メッキされたカラー鋼板を備えたポリウレタンを採用しています。システム全体の外部には、固体制御ゾーン内の温度が摂氏10度を下回らないようにするために、トラスフレーム保温小屋を装備する必要があります。蒸気管路は、冬でもしっかりした制御機器を通常の作業に保つことができます。

DC Machineryの低温固体制御システム

低温地帯の掘削フィールドには、電力が700kwを超える2セットのエアヒーターを装備する必要があり、各セットの排気量は22000m3 / hです。固体制御熱保存小屋の上部には、直径が300mmを超える熱風パイプラインを装備する必要があります。

ダブルデッキコットンPVCキャンバスは、タンクの底の温度を保証するためにタンクの底を引きます。保冷通路をタンク通路の間に入れて地面の冷気を切断でき、メンテナンス設備の通路としても使えます。

多くのテストと研究に基づいて、DCソリッドコントロールは低温ゾーンですでに大きな成功を収めており、私たちは低ソリッドコントロールシステムの成熟した高度な技術を持っています。詳細については、メールでお問い合わせください。