機械式泥攪拌機の主な構造

インペラは、ロッキングプレートによってシャフトに固定されており、インペラシャフトに挿入されたキーによって回転が防止されています。シャフト上のインペラーの垂直位置は、インペラーの直径に0.75を掛けた値に対応する、タンクの底からの高さとして決定されます。たとえば、20インチのインペラは、底部の15インチ上に取り付ける必要があります。深さが5インチ未満のタンク用の羽根車ブレードと、より深いタンク用の傾斜した羽根車ブレード。デュアルインペラーを使用する場合は、ストレートブレードを下部に取り付け、傾斜ブレードインペラーをタンク下部の約3分の2の位置に取り付けます。

機械式泥攪拌機の主な構造

キー付きモーターとドリブンインペラシャフトは、テーパーロックブッシュを使用してシャフトを固定するマルチピースカップリングによってしっかりと接続されています。シャフトの長さは、お客様の要件に合わせてカスタマイズされます。 8 Ftを超えるシャフトの場合、スタビライザーがタンクの底に取り付けられ、シャフトの下端をサポートします。

機械式泥攪拌機の主な構造

ドライブモーターの回転は、直接連結されたギアドライブを介してインペラーシャフトに伝達されます。ドライブは減速ギアボックスであり、ドライブモーターに工場で組み立てられています。ドライブは、60 rpmの設計インペラー速度を生成するために必要な最大トルクを適用できるサイズになっています。

垂直構成の場合、ヘリカル減速機はモーターからインペラーシャフトに動力を伝達します。水平ギアドライブは、ヘリカルギアとベベルギアの組み合わせを採用しています。