掘削泥遠心ポンプのマニホールド設置

(1)吸引パイプの適切な直径を選択し、適切かつ効果的な正味吸引リフトがあることを確認します。

吸引ラインと排出ラインのサイズは適切で、短く、より実用的です。入口パイプの直径は小さくする必要があります。これにより、掘削流体の流量が通常の流量で1.2〜2.1mに達するようになります。通常の状況下では、砂ポンプは灌流吸入を採用します。ポンプが良好な吸引性能を確保するために、灌流リフトは3メートル上にあることが推奨されます。

(2)沈み込みの深さと吸込管の形状を考慮する必要があります。

沈み込み深さは、液面レベルより下の吸込管入口の深さです。十分な水深がない場合、液面から吸引パイプの入口まで空気の渦が形成され、空気がシステムに導入され、遠心ポンプの渦またはガスロックにつながります。沈下深さは流体速度によって変化する必要があり、流体速度は流量とパイプの直径によって決まります。

掘削泥遠心ポンプのマニホールド設置

(3)吸込管は上向きに傾斜していること

上向きに傾斜した吸引パイプは、空気が吸引パイプに入るのを防ぐことができます。吸込管にはスムーズなバルブが装備されており、遠心ポンプ単体の保守点検が可能です。吸引ホースセットが硬いチューブの場合、ホースが圧縮されないようにします。

(4)入口配管にフィルタを設置してください。

大きな固形物や残留物が屋外に留まるように、吸引パイプラインにフィルターを取り付けることをお勧めします。フィルターのメッシュサイズは十分大きくする必要があります。通過する流量は約0.2m / sです。フィルターメッシュは小さくする必要があります。フィルター全体を掃除しやすく、取り付けも簡単にする必要があります。