固形物制御装置を備えた泥ピット

1.これまでに使用された固体制御技術は何ですか?

19世紀の終わりに、開いた土のピットが掘削物からボーリングを分離するために使用された。これは、重力を使用して固体を自然に沈降させる一連の堰と沈降ピットによって達成されました。きれいな泥はそれから吸引ピットに流れ込み、穴の下に再びポンピングされます。これは、これまでに使用された最初の固体制御技術でした。

2.現在使用している掘削泥処理装置は何ですか?

通常、固体制御システムは、泥槽、シェールシェーカー、真空デガッサー、デサンダー、デシルター、遠心分離機を含む5つのステージで構成されています。シェールシェーカーは、75μmを超える大きな固形物を分離するために使用され、デサンダーでは45〜74μm、デシルターでは15〜44μmです。デサンダーとデシルターは、高効率の泥クリーナーとして組み合わせられることがあります。掘削流体に空気が入ると、真空デガッサを使用して空気を分離します。泥の中に空気がない場合、デガッサは大きな攪拌機として機能します。これらの機器はすべて泥タンクの上部に取り付けられています。固形物を分離した後、きれいな泥は再びボアホールにポンプで送られます。

3. DC固体は装置の品質を制御しますか?

DC機械の固体制御装置はISO規格です。中国のブランドリーダーになる。この分野での長年にわたる設計と製造の経験を活かし、さまざまな掘削リグに応じて各クライアントに最適な提案を提供し、本土および海外のクライアントに最高のサービスを提供します。