泥ガス分離器の動作原理

泥ガス分離器は泥固体制御システムの横にあり、掘削層に有毒で危険なガスが存在する場合にのみ使用されます。

泥ガスセパレーターは、油またはガス環境でのエマルジョンとガスカット泥のより効率的な分離を可能にし、ガスカット泥とミストのキャリーオーバーを最小限に抑えます。

泥/ガス分離器の動作原理は比較的簡単です。装置は本質的に、上部、下部、および側面に開口部を備えた垂直の鋼鉄製の円筒形の本体です。

泥とガスの混合物はセパレーターの入口に供給され、流れに垂直な平らな鋼板に向けられます。この衝突プレートは、セパレーターの内壁の侵食による摩耗を最小限に抑え、泥/ガスの分離を助けます。泥/ガス混合物が容器の上部セクション内の乱流を増加させるように設計された一連のバッフルの上に落ちるとき、分離はさらに支援されます。その後、遊離ガスはガスベントラインから排出され、泥は泥タンクに戻されます。

泥ガス分離器の動作原理

セパレーター内の動作圧力は、ベントラインから排出されるフリーガスの摩擦圧力に等しくなります。流体は常にセパレーター内の特定のレベル(泥の脚)に維持されます。ベントラインから排出されるガスの摩擦圧がセパレーター内の泥脚静水圧を超えると、吹き抜け状態が発生し、泥/ガス混合物が泥タンクに送られます。すぐにわかるように、セパレーターでピークガス流量が発生したときに、セパレーターの吹き抜けの臨界点が存在します。ピークガス流量は、ガスが最初にセパレーターに到達したときに理論的に経験されるべきです。