セカンドクラスの固体制御システム– Desander

CSQシリーズデサンダーは、掘削流体の固相制御システムで使用される2番目の固体制御装置で、液体サイクロンデサンダーとシェールシェーカーで構成されたアセンブリです。

液体サイクロンのデサンダーは、粒子が沈静化する原理に従って設計され、分離媒体の掘削流体は、遠心ポンプによって一定の圧力と速度を生み出し、液体サイクロンの内壁のスパイラル入口とともに、遠心力の関数で液体サイクロンの内壁に沿って粗い粒子のスパイラルシンク底流から排出されて細かいメッシュのシェールシェーカーに落下して力と重力が分離し、オーバーフローから上昇する液体サイクロンのスパイラルとともに他の媒体が2番目の分離装置に入ります-デシルターから処理へ。

当社が製造するデサンダーは、新素材を使用し、オリジナルのデサンダーの不足を克服できます。 Desanderは、入口パイプ、砂コーンの排出、砂口の排出で構成されています。水切り砂コーンに回転部品セットがあり、回転部品に分離窓があり、掘削液上昇部分は上部シリンダー壁、タッパースロットと入口パイプのセットでできています。回転部下部にデサンダーの羽根車を設置し、排砂アジャスターで砂をコントロール。

掘削流体は、インペラー遠心紡糸を介して入口パイプから回転部に入り、流体が分離窓に上昇すると、砂と掘削流体が分離し、分離窓によって砂が排出砂コーンに排出され、分離した掘削流体が上昇部に入ります。排出砂アジャスターにより排出コーンが排出した砂。