固形物管理機器の配置

掘削液は、固形物制御装置を通して順次処理する必要があります。掘削リグで最も一般的な問題は、不適切な流体ルーティングです。これにより、一部の掘削流体が固体制御装置の順次配置をバイパスする原因になります。

大量の掘削液が固形物管理装置の一部を迂回すると、掘削された固形物の多くは除去できません。不十分な流体ルーティングに寄与する要因には、不適切なマニフォールドが含まれます 遠心ポンプ 液体サイクロンまたは泥クリーナー操作、漏れバルブ、取り外しセクションでの不適切なセットアップと泥ガンの使用、および泥溝を通る掘削液の誤った経路。

それぞれの 固形物制御装置 ルーティングオプションなしで、専用の専用ポンプを使用して供給する必要があります。ハイドロサイクロンと泥クリーナーは、タンク配置で正しい場所が1つしかないため、吸引場所は1つだけです。ルーティングエラーを修正し、装置を色分けして、位置合わせエラーを排除する必要があります。作動不能なポンプの心配がマニホールドを示唆している場合、ポンプへの容易なアクセスを可能にし、待機ポンプを保管しておくことはコスト削減になります。

専用ポンプを適切なサイズに設定し、不適切な操作の機会がないように設定すると、ポンプの寿命が驚くほど長くなるだけでなく、掘削流体を適切に処理できます。

掘削リグの吸引ラインと排出ラインは、できるだけ短く、まっすぐにする必要があります。サイズは、パイプ内の流速が5〜10 ft / secになるようなものでなければなりません。速度が遅いと、沈降の問題が発生し、速度が速いと、吸込側にキャビテーションが発生したり、パイプの方向が変わる吐出側に浸食が発生したりする可能性があります。