固体制御システムの歴史

適切な固形物管理技術を利用すると、掘削液のメンテナンスコスト、クリーンアップと廃棄のコスト、およびボーリングの全体的なコストを大幅に削減できます。これらの事実は1800年代後半に石油産業で認められました。これは、重力を使用して固体を自然に沈降させる一連の堰と沈降ピットによって達成されました。きれいな泥はそれから吸引ピットに流れ込み、穴にポンプで戻されました。これは、これまでに使用された最初の固体制御技術でした。

固体制御システムの歴史

1930年代初頭にシェールシェーカーが石油業界に導入されたときに、固形物管理の次の革新が起こりました。シェールシェーカーは、鉱業で使用されている技術に由来しています。シェールシェーカーは現在も、業界で利用されている主要な固形物管理機器です。

1930年代に鉱業から借りられた別の機械は、コーン分類器または液体サイクロンでした。この装置の基本原理は、コーン内で回転する掘削流体の高速によってもたらされる遠心力を含み、大きくて重い固形物をサイクロン壁に向かって外向きに沈降させ、アンダーフロー固形物排出に向かって下向きに沈降させます。シェールシェーカーと一緒にハイドロサイクロンは、今日の固体制御システムの不可欠な部分になっています。

未来

固形物制御システムの将来の道は、掘削流体からの望ましくない固形物の全体的な除去効率を増加させ続けます。これには、シェールシェーカーとスクリーン寿命の継続的な改善が含まれます。真空技術やさまざまな動作を使用するなどの代替技術を調査する研究は、将来、より効果的になる可能性があります。世界中のより厳しい環境規制の継続的な傾向により、泥ポンプや泥モーターなどの機器のコスト削減は言うまでもなく、掘削廃棄物の運搬を最小限に抑えるために、ますます多くの固形物制御システムを実装する必要があります。