デガッサの使用に関する注意

1真空デガッサは、掘削液を下流タンクに排出する必要があります。ガス排出パイプラインは、ガスを少なくとも液体の表面まで直接排出できるようにする必要があります。

2真空デガッサの処理能力は、吸引タンクの容量より大きくする必要があります。

3排気管の尾部は安全地帯に設置し、坑口および地下廃水プールから一定の安全な距離を保つ必要があります。バルブは排気管に取り付け、2つの分岐に分離する必要があります。これにより、ガスは常に地下廃水プールと坑口の風下側で点灯します。
一部の有毒ガスは空気より重いため、この有毒ガスは低い場所に集まるため、排気管の近くで作業する場合は、作業者が注意する必要があることに注意する必要があります。

4真空デガッサを開始する前に、ブリーダーチューブと吸引パイプの末端を同時に掘削液に浸さなければなりません。そうしないと、真空デガッサが機能しません。

5粒状物がポンプに入るのを避けるために、ストレーナーは排気管の空気入口にインストールする必要があります、メッシュ数は40〜60です。

6開始する前に、真空ポンプ供給パイプラインのボールバルブを開き、気液分離器のプラグを外し、水を満たし、水が溢れたときに水を満たして停止し、プラグをねじ込みます。最後に、カップリングを手またはパイプレンチで回して、スタック現象やその他の損傷がないことを確認します。

7使用後、ポンプとセパレーター内の水を排出する必要があります。