マッドホッパー作動のベンチュリ

高圧ホッパーは同じように動作するため、この説明は低圧装置に限定されます。低圧泥ホッパー内の流体速度は、ジェットノズルの圧力側で約10フィート/秒になります。圧力ラインのサイズは通常6〜2インチ(152〜51 mm)に縮小され、非常に高い速度で圧力が低下してジェットノズルから出ます。高速ジェットストリームは、エデュケーターノズルと下流のベンチュリの間のギャップを横切り、混合チャンバー(またはティー)内に部分的な真空を作り出します。 T字内のこの低圧領域は、重力とともに、実際に泥の材料をホッパーからT字と流体の流れに引き込みます。高速の流体は、泥の添加剤を濡らして流体の流れに分散させます。これにより、材料の固まりが減少し、添加剤の初期せん断力になります。

マッドホッパー作動のベンチュリ

マッドホッパーがベンチュリを使用する2つの理由:

(1)泥の剪断作用を高める

(2)泥が泥システムに戻るときに、圧力ヘッドの一部を取り戻して泥を下流または上に移動できるようにします。

ベンチュリは、ベントナイトが追加されたときに粘度を構築する時間を短縮します。これは、適切に設計されたベンチュリ内で起こる流体のせん断の増加によるものです。他の掘削液添加剤でも同様の結果が観察されています。