2種類の泥攪拌シャフト

中実シャフトと中空シャフトの2種類のシャフトが一般的に使用されます。どちらもさまざまな材料で供給できますが、炭素鋼が最も一般的です。

軟質炭素鋼の中実シャフトは、通常、必要な長さに切断され、ギアボックスの出力シャフトに結合されます。

2種類の泥攪拌シャフト

下部の機械加工されたキースロットは、適切なインペラー高さの取り付けのためのさまざまな調整を提供します。タンクの深さが6フィート(1.83m)を超える場合は、下端のスタビライザーを取り付ける必要があります。

中空鋼シャフトは、特に深いタンクに適しています。それらはフランジ部分で供給され、一緒にボルトで固定され、頭上の高さが制限されている場所での設置を可能にします。ほとんどの中空シャフトは、ボルトで固定された輪郭(スイープフェース)インペラを使用します。中空シャフトは、同じ断面係数の固体鋼シャフトよりもたわみが少ない。つまり、同じ質量の材料の場合、全体の直径が大きいため、曲げに抵抗します。したがって、それらは重量が同じかそれ以下のソリッドシャフトよりも剛性があります。これは、より長い許容シャフト長に相当します。シャフトの長さが等しい場合、軽量化により、出力ベアリングに伝達される荷重が減少します。中空シャフトでは、危険速度(起動時の負荷の下でシャフトが曲がることによって発生する振動)も問題になりません。