流体遠心分離機の掘削に関する知識の詳細

オイル遠心分離機は、供給量、固形物排出量などによって制限されます。したがって、泥全体を処分することはできません。より大きな固体粒子を取り除くために、シェールシェーカーまたはハイドロサイクロン遠心分離機を上流に配置し、遠心分離機で小さな部分の粒子を取り除き、シェールシェーカーとハイドロサイクロンセパレーターでt粒子の大部分を除去します。この方法によれば、粒子を効果的に取り除くことができます

遠心分離機の動作原理

掘削液は供給管によりスパイラルコンベヤの中空シャフトに入り、その後バレートに流れ込みます。バレートの高速回転により、一緒に回転する入力された掘削流体を駆動するために、掘削流体の固相がバレートの壁に投げられ、掘削流体はスクリューコンベヤーから排出され、小さな流体の排出穴に押し出されますポート。分離固相の粒子サイズ、バレート、遠心分離機の直径、最高速度と分離係数の影響による遠心分離機の選択、掘削サイトは一般に、沈降遠心分離機の分離の基本として、固体と液体の密度差を使用しました、主に掘削液中の固相物質をクリアし、掘削液の最後のレベルの固体制御装置です。

油遠心分離機だけの掘削液中の固形物をどのように取り除くのですか?

掘削液泥は高回転速度にあり、少なくとも1000Gを作成します。次に遠心力を攻撃し、固体と掘削液の泥が分離されます。

油遠心分離機はどのように機能しますか?

供給パイプを通ってコンベヤーに入り、次に供給口を通って泥がコンベヤーベルトに入り、ボウルの高い回転速度で中央を出て、掘削流体泥が高い力にさらされ、液体と固体の分離につながりました。