掘削泥クリーナーの使用範囲

泥クリーナーは、掘削流体シェールシェーカーの後ろに配置され、固体制御のプロセスで遠心分離機の前に、それらの主な目的は、掘削流体シェールシェーカーを通してろ過された後も掘削流体に混合されているより微妙な固体相を取り除くことです。泥クリーナーの主要なコンポーネントは、遠心沈降分離の原理に従って設計された固液分離装置であるハイドロサイクロンです。固相分離の能力は、その構造パラメーター、供給圧力、および掘削流体の特性に関連しています。たとえ直径が非常に小さいハイドロサイクロンを使用しても固体粒子の大きな直径を完全に除去することが非常に困難であっても、固相を処理するための油圧サイクロンの曲線は比較的平坦です。これが泥クリーナーが交換できない理由です。掘削流体シェールシェーカーと遠心分離機。

掘削泥クリーナーの使用範囲

液体サイクロンの内径が小さいほど、分離できる固体粒子は小さくなります。サイクロンの直径、供給口のサイズと供給チューブの形状、循環の形態、オーバーフロー口のサイズとオーバーフローチューブの挿入深度、アンダーフローサイズは、すべてサイクロンの動作特性に影響を与える重要な要素です。サイクロンの処理量は直径の二乗に比例します。オーバーフロー内の固体粒子は、直径の増加に伴い増加します。さらに、供給口のサイズが大きくなると、処理能力とオーバーフロー内の固体粒子も増加します。オーバーフローパイプの挿入が深すぎる、または浅すぎると、オーバーフロー内の固体粒子のサイズが大きくなる可能性があります。アンダーフローのサイズが大きすぎる、または小さすぎると、アンダーフローの排出に不利になります。
現在、デサンダーとデシルターの処理能力は国内外でほぼ同じであり、固相分離能力は主に液体サイクロンの直径によって決まります。