掘削液クリーナーの使用とメンテナンス

1.指示

a。多機能ハイドロサイクロンクリーナーの正しい設置と使用法は、掘削液の有害な固相を効果的に拭き取り、掘削液の粘度を制御し、有用な液相を回収することができます。

よりクリーンな寿命を延ばし、労働者の労働集約度を軽くすることは重要な意味を持っています。

b。シェールシェーカーに多機能ハイドロサイクロンクリーナーを取り付けた後、機器を1番目または2番目の掘削液タンクに置きます。

c。掘削液は、シェールシェーカーでクリーナーに入る前に廃棄する必要があります。差し込み、モーターの始動時に、回転方向はベルトシールドに記載された方向と一致している必要があります。

d。最初にシェールシェーカーをアイドリングして、機器に問題がないか確認します。異常がある場合は、シェーカーを適時停止して検査と修理を行います。

e。シェーカースクリーンを締めます。まず、シェーカースクリーンに張力をかけ、テンションボルトを押し、手でスクリーンをテストします。締め付けの程度が適切な場合は、2〜3分間運転してみます。このとき、スクリーンは粘着テープから剥がれないようにしてから、各ボルトを適切に締め、テンションスプリングを確認します。長さは同じである必要があります。

f。実行中に画面に堆積した砂をきれいにする必要がある場合は、硬いもの(スペードなど)を使用して画面をパドルでこすったりしないでください。

g。使用開始時、特に掘削液の粘度が高い場合は、スクリーンをフラッシュしてください。そうしないと、スクリーン上に留まっている粘性物や銀砂がメッシュを詰まらせ、シェーカースクリーンの通常の使用に影響を与えます。

h。クリーナーを停止するときは、まず砂ポンプを停止してシェールシェーカーを3〜5分間アイドリングさせ、画面を適時フラッシュしてクリーンに保ち、その後シェールシェーカーを停止します。

私。ベアリングのバター不足による初期の損傷を避けるために、毎日定期的にエキサイターのベアリングにバターを1回充填します。

j。巻上機で移すときは、硬いものをスクリーンの上に置いたり、スクリーンを踏んだりしないでください。

k。雑貨がスワーラーに入り、作業通路を塞いでスワーラーを破壊するのを防ぎます。

l。シェールシェーカーの下部にある空中排水溝とベースボードは、汚れを避けるために頻繁に洗い流す必要があります。

m。ふるいメッシュ数の選択。異なるメッシュ数の画面の選択は、層のさまざまな状況と掘削液の性能に一致している必要があります。掘削液の粘度が高い場合は、砂の量が多いため、メッシュの少ないスクリーンを選択する必要があります。そうでない場合は、メッシュスクリーンの量を増やす必要があります。画面上のドリリング流体の流動長率が約70%の場合、シェールシェーカーの機能が十分に発揮され、チップの取り外しと画面の寿命の延長に有利になります。

n。クリーナーを使用するときは、最初に小さなメッシュのシェールシェーカーを起動してから、サンドポンプを起動します。クリーナーを停止するときは、砂ポンプを最初に停止してから、小メッシュのシェールシェーカーを停止する必要があります。

o。排出管の使い方

オーバーフローパイプの使用法。砂ポンプの供給液の圧力が定格圧力に等しい場合、オーバーフローパイプのバルブを少し閉じて圧力値を0.01〜0.03Mpaにします。このとき、下部のフローホールはほとんどの砂と粗い粒子をクリアします掘削液中のスラリー。供給液の圧力が定格圧力を下回っている場合、オーバーフローパイプのバルブを調整して圧力を0.02〜0.05Mpaにすると、下部のフローホールは通常の作業を回復します。

2.メンテナンス

a。一般的に、総運転時間が500h程度の場合は、中程度のメンテナンスを行う必要があります。主なポイントは、回転部品の潤滑、締結部品の張り、無効な部品の交換です。

b。総運転時間が4000時間になった場合はオーバーホールを実施してください。主なポイントは、クリーナーの包括的なチェック、コーンタンクの交換、モーターと電気機器の絶縁性のチェック、関連部品の潤滑または張力調整、消毒処理の実施などです。