うまく制御しているもの

重要なことに、油井制御のメカニズムは、オフショアとオンショアの掘削で同じです。ただし、設備の変更により、オフショアの坑井管理では実装方法がかなり異なる場合があります。たとえば、フローティングリグから掘削する場合、掘削中の循環システムは、適切な制御を行っているときに使用されるものとは異なります。陸上油井制御では無視されるチョークラインとマニホールドの摩擦圧力損失は、海底油井制御では無視できません。

うまく制御しているもの

先に述べたように、坑井制御操作中の坑井制御破砕圧力勾配または坑井制御装置の作動圧力を超えると、非常にコストのかかる事故につながる可能性があります。したがって、弁輪内に発生する圧力プロファイルを制御操作中に知ることが不可欠です。特に、ケーシングシューの深さでの圧力、および表面チョークの深さを決定する必要があります。これらの圧力は、ガスの上部がこれらのそれぞれの深さに達したときに最大になります。 2つのケースが考慮されます。

うまく制御しているもの

1.キック流体は、オリジナルの泥(ドリラーズメソッド)で循環されます。
2.キック流体は加重泥で循環します(ウェイトウェイト方式)

どちらの場合も、次の仮定の下で検討されます。
キッチは主にガスです。
キックは泥と混ざりません。
理想的なガスの法則が適用されます。
環の断面積は一定です。
ガス密度は無視されます。
ボトムホールの圧力は一定に保たれます。
環の摩擦圧損は無視されます。